スポンサーリンク
スポンサーリンク

第4話 異世界定番のステータス確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
異世界小説
スポンサーリンク

「ステータスオープン」
僕は異世界定番のステータスオープンを唱えた。すると天井と僕の間に半透明の板が現れて、ステータスが表示された。

【名 前】 クリフ・ボールド
【年 齢】 0歳
【種 族】 人族
【身 分】 辺境伯次男
【性 別】 男
【属 性】 火・水・風・土・光・闇・時・空間
【加 護】 創造神の加護
【称 号】 転生者

【レベル】 1
【H  P】 1
【M  P】 1
【体 力】 1
【筋 力】 1
【敏 捷】 1
【知 力】 1
【魔 力】 1

【スキル】 鑑定・アイテムボックス・全魔法適正

「お~。ステータスが表示された。さすが異世界って感じだな。どれどれ」
僕は一つ一つ項目を確認して言った。

「家名はボールドで辺境伯か。けっこうな大貴族だな。って事はここは国の端っこって事だな。それと次男ってあるから兄がいるのか。兄がいるって事は家は長男がつぐから僕は冒険者になってチーレム目指せるからよかったな。」

自分の身分がステータスである程度わかった事で将来の道が見えてきた。

「種族が人族ってあるって事は獣人やエルフ、ドワーフとかもいるのかな?」
異世界といえばケモ耳をもふるのはテンプレだし、エルフの のじゃロリもテンプレだ。いるなら早く会ってみたい。

「能力は0歳だから当然だな。全て1って生まれたら始めはみんな1からスタートするのかもな。」
一般的なステータスがどれくらいかわからないが、0歳でステータスを見れる事を知ってる人はまずいないだろう。ここから努力でステータスを上げていけば十分チートできるだろう。

「属性は全魔法適正があるからすべての属性があるし、アイテムボックスが空間に分類されるのかな。時もあるって事は転移とかも覚える事ができるのかな」

ステータスを一通り確認した僕は次にスキルの確認をしてみた。

「鑑定」と念じてみた。すると【天井】と出た。
「天井しか見えないから当然か」
僕は苦笑いをし、今度はアイテムボックスを試してみた。

「アイテムボックスオープン」
ステータスと同じように半透明の板が現れた。ここに色々入れる事ができるようだ。
ただ、今は動くこともできないから使用できる事がわかっただけで使う事は出来ない。

「よし。スキルは普通に使う事ができたな。後は動けるようになるまでは異世界定番の魔力を増やす特訓だな」
そう。異世界に赤ちゃんから転生した主人公はだいたい魔力を探し、魔力を動かして魔力を増やすのだ。成長すると他の人と比べて魔力の量が桁違いに多くなり、より多くの魔法、より強力な魔法を使って活躍する。それが異世界テンプレだった。

「まずは魔力を見付けるか。たしかテンプレならお腹の下ぐらいに違和感があるんだったよな」

僕はお腹の下に意識を向けて普段と違和感がないか感じ取るようにした。
すると、やはりお腹の下ぐらいに米粒のような違和感を発見する事ができた。

「多分これが魔力だろうな。よし動かしてみよう」
「動け~動け~動け~」
「動け~動け~動け~」

僕は頑張って米粒を動かそうと意識した。
ただ・・・・全く動くことはなかった。

「あれ?おかしいな~。これが魔力じゃないのかな~」
全く動かなかった事で自分の考えが間違ってるのかと不安になった。

「まあまだ時間はたくさんあるんだ。ちょっとずつ試していけばいいさ」
せっかくの異世界なので、難しく考えるのをやめた所でステータスを確認してからけっこうな時間が経っていたのに気が付いてトイレに行きたくなった。

「自分でトイレにいけないのはつらいな~。だって漏らすしか方法がないもんな~・・・」

「おぎゃー。オギャー」
僕は盛大に泣いて助けを求めた。

「早くだれか来てくれ。臭いし気持ち悪いよ。早く一人でトイレにいけるようになりたい」

これも前世の記憶を持ったまま異世界に転生する事によるおおきなデメリットであった。

すぐにメイド服を来た女性が着てオムツを交換してくれた。
「おーメイドさんがいるぞ。さすが貴族だ。」

僕は初めて見るメイドの女性に感動したが、オムツを変えられるのは恥ずかしかったので何も言わずにそのまま眠りについた。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

次話へ・・・・第5話 ようやく歩けるようになったけど大貴族ってすごい

目次へ・・・・異世界転生にチートは必須だよね

前話へ・・・・第3話 転生しても0歳は何もできないよ

投稿サイトのカクヨムのマイページはこちら・・・カクヨム:ベルピーの部屋

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
異世界小説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
すぅをフォローする
スポンサーリンク
すぅさんの結果を生むのは行動力×行動量ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました